« 「リトルダンサー」はよく練られた曲なんだぜ | トップページ | 映画『BECK』とは何だったのか »

2011/09/05

℃-uteの鈴木さんが可愛すぎて泣きたい

「世界一HAPPYな女の子」ジャケはPVのカワイイ雰囲気がなくてちょい残念新曲。もうとっくに出ている気がしてCD屋で探しちゃったんだが、明後日発売だった。
「だもん」だね。「だもん」。もうね、「だもん」可愛くてつらい。いっそのこと「だもん可愛い」という新単語をつくってもいいのではないだろうか。
それくらい、つらかわいい。何だ、つらかわいいって。
しかし、まぁ、寺田君はチャラい男を好きになる設定が気に入ってるんだねぇ。

鈴木さんってのは不思議な娘だ。顔だけ見るとぜんぜん超絶美少女とかではないんだけど、女の子らしい所作ってのかな、トータルで見るとものごっついアイドルらしいアイドルなんだよな。何もやっていなくてもコロコロした笑顔とかしているだけで、じゅうぶん目がそっち行っちゃう。存在感が半端ない。声とか歌の魅力は言わずもがななんだがね。ま、個人的にはセンターにいない時の方が面白い気がするので、℃で舞美様とWセンターなのは仕方ないとして、Buono!でセンターはそろそろやめたらいいのにと思っている。ちなみにBuono!の「夏ダカラ!」はガッキーのアルバム曲みたいな当たり障りのなさが毒にも薬にもならず何だかなーで、キーポン・ロッキン!と声を大にして云いたい。
ミニアルバム『partenza』も「迷走」の一言で事足りる残念盤だった。アリっちゃアリなんだけどさ……みたいな。がんばれスタッフ。

次回はたぶんBECKやる。

|

« 「リトルダンサー」はよく練られた曲なんだぜ | トップページ | 映画『BECK』とは何だったのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/52650979

この記事へのトラックバック一覧です: ℃-uteの鈴木さんが可愛すぎて泣きたい:

« 「リトルダンサー」はよく練られた曲なんだぜ | トップページ | 映画『BECK』とは何だったのか »