« 「Discovery Box」だけじゃ足りない! Pink Floyd重要補足盤2枚 | トップページ | プレ再結成TFFとしても聴ける 『Mayfield』が11/15に新録ボートラ付きで再発! »

2011/10/11

「Tears For Fears 2011 Tour」で1曲だけ登場する女の子がいるんだが

Tears For Fears 2011 秋ツアーも今週末で千秋楽ということで、地球の裏側・ブラジルでは盛り上がっている真っ最中なんじゃないかなと。良い時代になったもので、ツアーの様子が観たければYouTubeに素人特写映像がたくさん並んでいるわけでね。各公演から、いろいろなことが見えてきたりしてファンにはたまらないところだろう。ま、南米レグで変化を期待していたセットリスト的にはマイコーのカバー「Billie Jean」が復活したぐらいで、あんまり大きな変化がなかったようでちょと残念なんだけどね。

で、どのショウでも「Badsman's Song」の時、左端に登場してMichael Wainwrightと一緒にコーラスに加わる女の子がいるのに気がついたんだけど、調べても調べても正体がわからなかったんだ。その子がひょんなことから誰だかわかったの。いやー、その子のお母さんのブログで判明するなんて、これも今の時代ならではかもしれない。

彼女の名は、Afton Hefley。アフトン・ヘフリーと読む。変わった名前なもんで、ローランド君のメンバー紹介聞いてても判然としなかった。また、音楽活動はSANGSTERという名義で行っているようでね。これまたなかなかわかりづらかったところ。26歳の女性SSWだそうだ。ローカル・ミュージシャンなのかな? アルバムとかは出ていない模様。サイトの曲紹介映像では、ギターを弾きながらケルトっぽいアレンジの自作曲を、バンドを率いて歌っている。Frippertronicsについて説明する古いRobert FrippのYouTube映像にリンク貼ってたりするので、そういう影響もある人なのかもしれない。TFFには2007年頃から関わっているらしく、今回のツアー以外でも彼女が登場したりしていて、単にオイラがスルーしていただけかもしれない。確認はできていないが。ま、ぶっちゃけ、そんなに特徴のある歌声とかではないので、現時点ではあんまりTFF視点からこだわってウォッチしなくてもいい存在かもしれない。あたたかく見守って行きたいね。まとまった形で聴ける作品が出てきたらATFFで採り上げようかと思う。

|

« 「Discovery Box」だけじゃ足りない! Pink Floyd重要補足盤2枚 | トップページ | プレ再結成TFFとしても聴ける 『Mayfield』が11/15に新録ボートラ付きで再発! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/52961890

この記事へのトラックバック一覧です: 「Tears For Fears 2011 Tour」で1曲だけ登場する女の子がいるんだが:

« 「Discovery Box」だけじゃ足りない! Pink Floyd重要補足盤2枚 | トップページ | プレ再結成TFFとしても聴ける 『Mayfield』が11/15に新録ボートラ付きで再発! »