« UK来日公演観たぜ:UKはいまだにトンガっていた | トップページ | ほとんどPaul Buchananの声とピアノだ »

2012/06/17

超HAPPYなアイドルに左遷先はないのだった

アイドルに左遷先はない。
存続の折り合いがつかなければ、ただ退社あるのみだ。
愛の歌を歌いながら自らは愛を禁じられたアイドルという存在に思いを馳せざるをえん。

超HAPPY SONG超HAPPY SONG」 Berryz工房×℃-ute
さて、そんな話はまったく関係なく、経緯はこうだ。Berryz工房のアルバム『愛のアルバム8』に収録された「Because happiness」と、℃-uteのアルバム『第七章「美しくってごめんね」』収録曲「幸せの途中」について、つんくPが関連性に関する含みのあるコメントを出す→ヲタが2曲同時にかけるとうまく1曲になることに気づく→バレた?みたいな反応と共に合体曲を配信発表→めでたくCD化。この流れなら秋頃に合同コンサートだろうか。

PVまでできちゃったよ。ギミックは置いておいて1曲として聴いても面白いナンバーだ。「Because happiness」の色の方が強いあたりがまたベリキューの関係とリンクしていたり、いろいろな聴き方ができてしまう。PVは前半パートでバラバラだった各グループが後半から混ざっていくオーソドックスなつくりだけど、メンバーそれぞれの魅力がよく出ている。それにつけても熊井ちょーはデカイ。ちなみに車を運転しながら聴きつつ、うちの娘7歳がベリーズ・パート担当、オイラが℃パート担当でよく歌っているよ。そういう「複数で歌って楽しい曲」にもなっている。

ベリキューの10年は超HAPPYだっただろうか? オイラはおかげさまでかなり超HAPPYにさせてもらったように思っているのだけど。
彼女たちは増員がない代わりに、おそらく次の10年があるグループではない。その半ばで英断があるだろう。生きている花は必ず散る。だからこそ、彼女たちの「今」をできる限り見逃さないでいたいなぁと。

ハロー! プロジェクト・キッズ デビュー10周年記念 Berryz工房 × ℃-ute クロストークBOOK 『 RIVAL ~12少女の10年物語~ 』

|

« UK来日公演観たぜ:UKはいまだにトンガっていた | トップページ | ほとんどPaul Buchananの声とピアノだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/54983563

この記事へのトラックバック一覧です: 超HAPPYなアイドルに左遷先はないのだった:

« UK来日公演観たぜ:UKはいまだにトンガっていた | トップページ | ほとんどPaul Buchananの声とピアノだ »