« 「見かけと違って重い」というCurt Smithの新譜 | トップページ | ありえないからエイプリルフールに使えるわけで »

2013/07/23

フェアリーズ 6thシングル「光の果てに」リリースイベント in 池袋

カタカナ表記に変更になったとたん松岡修造に吹き付けられそうな気がしてならないのはさておき、『フェアリーズ 6thシングル「光の果てに」リリースイベント(ミニライブ&握手会)』って妖精ちゃんたちのイベに行ってきたよ。今回は地元・埼玉(春日部)に来てくれる予定があるんだが、休みの関係で前回と同じ池袋・サンシャインシティ噴水広場まで行ってきたわけだ。ま、春日部は8月だしな。

えーと今回から娘(小学生)と一緒でもキッズ席には座れなくなった。というのも、未就学児童以外の大人の付き添いがNGになったため。ま、弟4歳を連れて行っていたので事なきを得たがな。それでは、はじける各メンバーの写真をどーんとどうぞ。

萌々香ちゃんどーん

みりあどーん

みきみきどーん

そらちゃんどーん

りかこどん

まひろーん

見つめ合うふたり
なんかこのふたりが見つめ合ってるのがすごい可笑しかった。

前回のリリースから半年以上ぶりということだが、理香子さんの前髪以外は皆さんさほどお変わりもなく。観たのは15時半からの部で、演ったのは「Tweet Dream」と新曲2曲のみ。ダンスも相変わらずのクオリティ。しかしながら、楽曲についてはどうやら新機軸へと移行した模様だ。

フェアリーズ 「光の果てに」まったく角の取れたJポップ。なにしろアニソンCMソングだ。「光の果てに」もカップリングの「エール」もまったく尖っていない。名前をカタカナにするというのはつまり、こだわりを捨てるということと同義だった。英語が登場する比率もいわゆるJポップ並になった。しかし、これによって各メンバーの歌のうまさ、歌声の魅力がクローズアップされたのは大きな収穫だろう。特に「光の果てに」における歌い分けるサビの中でのみきみきさんは、伸びやかな歌声が実に印象深い。いいじゃないか日本語で世界戦略すれば。それには何かが足りない気もするけど。ん? 人数が足りない? それは云わない約束。でも、ウィキペディアによるとまだメンバー扱いにしているのね。

関連エントリ:
Fairies 5thシングル「White Angel」リリースイベント in 池袋
Fairies 4thシングル「Tweet Dream / Sparkle」リリースイベント in ららぽーと柏の葉
Fairies 3rdシングルお披露目イベント in イオンモール浦和美園

|

« 「見かけと違って重い」というCurt Smithの新譜 | トップページ | ありえないからエイプリルフールに使えるわけで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/57851355

この記事へのトラックバック一覧です: フェアリーズ 6thシングル「光の果てに」リリースイベント in 池袋:

« 「見かけと違って重い」というCurt Smithの新譜 | トップページ | ありえないからエイプリルフールに使えるわけで »