« Tony Coeといえば『ピンク・パンサー』の謎 | トップページ | ギターまで削った!? Tears For Fearsの最新カバー曲発表! »

2013/10/13

Brand Xはいつになったらリマスターされるんや

金のない音楽好きはとにかくレンタルCDをテープに録りまくっていたわけだ。ほんの20年そこら前の話。何しろCDは高かった。いや今も日本盤は高いけど。

で、テープで所有している音源も、リマスターCDが出るタイミングで買い直したりするわけなのだけど、Brand Xは人気の割りに一向にリマスターされる気配がない。だからCDで1枚も持っていないのだ。ジャズ・ロック大好きなのに。

Livestock地元のブックオフで『Livestock』が250円棚にあるのを発見。もうリマスター待っていてもダメかもしれないし、もう買っちゃおうかと。このアルバムは渾然としていながら整然としているというBrand Xらしさがよく出ていて実に良いのだ。あー久しぶりに聴きたい。この値段なら昔レンタルした値段より安い(当時の相場は300円)。よーし買っちゃうぞとレジへ。そんなこんなで楽しみに帰ってきて、トレイを開けてみたところ、中に入っていたディスクはなぜかFrank Zappa『Joe's Garage』のディスク2という何というか、うんわかるよ、わからなくはないよ、でも何だそのディスク2って中途半端なの。それ間違えて入れちゃうかな? しかもですよ。『Joe's Garage』ってのはLPで最初出た『1』と後から出た『2&3』というのがあってね、それを最初にCD化したときは2枚組で『1&2の半分』と『2の半分と3』というパッケージにしてたのよ。それ。そのディスク2なの。どこまで中途半端なのよと。その後、CDも『1』と『2&3』の2枚組で再発されたんだけどね。そっちじゃないの。何かこう痒いところに手が届かない、すごくやるせない気持ちでいっぱいなんだ。

とりあえず、明日またブックオフ行ってくるさ……。

|

« Tony Coeといえば『ピンク・パンサー』の謎 | トップページ | ギターまで削った!? Tears For Fearsの最新カバー曲発表! »

コメント

ども。私なんて、昔Shelleyan OrphanのCD中古で買って、CDのレーベル面までちゃんと正しく印刷されているのに、実際の記録されてるデータは別物だったという、豪快なミスCDを掴まされたことがあります。なんかのオムニバス盤で、1曲目からいきなりオッサンのヴォーカルだったので、Shelleyan Orphanって、女性ヴォーカルじゃなかったっけ?と一瞬思ってしまったのが記憶にあります。

投稿: freeflow | 2013/10/17 23:48

freeflowさん

どもです。Shelleyan Orphanというと顔が並んだアレですかしら。TFF的見地からはニッキー・ホランドの参加で知られるアレ。まだ聴いてないのだけど気になっておりました。
それにつけてもデータだけ間違うってのはゴーカイチェンジですねぇ。結局、正体はわからなかったんですか?

ブランドXの顛末は、あの後、ブックオフに持っていって『ジョーのガレージ』にディスクが入っていたとかだったらステキだったのですが、そんなこともなく、返金してもらいましたよ……。困り顔のスタッフに「残念です……」とつぶやきまくってしまいましたです。

投稿: SHIRO | 2013/10/18 00:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/58373522

この記事へのトラックバック一覧です: Brand Xはいつになったらリマスターされるんや:

« Tony Coeといえば『ピンク・パンサー』の謎 | トップページ | ギターまで削った!? Tears For Fearsの最新カバー曲発表! »