« Brand Xはいつになったらリマスターされるんや | トップページ | いっぺんに届くなよー »

2013/10/29

ギターまで削った!? Tears For Fearsの最新カバー曲発表!

2曲目もカバーで今度はカート君がボーカルというのは予想の範疇だけど、まさかここまでとは。

「And I Was A Boy From School」 Tears For Fears
Arcade Fireに続いて発表されたTFF最新音源はHot Chipのカバーであった。2006年の『The Warning』収録曲。「Boy from School」と省略したタイトルでシングルカットもされている。一聴した瞬間に目をギラギラさせて「そう来ましたかっ!」と叫んじゃったわよ。もう何つーか2ndアルバム以降の道程はいったいどこに行ってしまったんだ?という1st回帰の音。ここにはもうギターさえない。1stの次にあったかもしれないTFFのもうひとつの進化のカタチが時空を超えて登場したような不思議な気分になる。ま、だからある意味レトロなフューチャーという感じも受けるし、かなり原曲に近いアレンジをシェイプアップした分だけ原曲よりゴージャス感に欠く印象もあるのだけど、研ぎ澄まされた音色選びとアレンジが普遍的な音楽としての魅力をちゃんと導き出してくれているんだ。見事に自分のものにしている。完成度が高い。だから、つい何度も聴いてしまう。厭きない。何だこれは。繰り返すけど、2ndアルバム以降のTFFは、この楽曲の登場で完全にリセットされたと云っていい。マジで新作アルバムはどんなことになってしまうのだろうか?

さて、Arcade Fireは知っていてもHot Chip誰それ?な人は流石に多いことだろう。オイラも一瞬そう思った。だけどすぐに気づいたんだ。Robert Wyattと共演したことのある人たちだ!ってね。そう、TFFが「Sea Song」をカバーしたWyattで実はつながってたんだなぁ。ということで次回はその辺を掘り下げるよん。

|

« Brand Xはいつになったらリマスターされるんや | トップページ | いっぺんに届くなよー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/58477884

この記事へのトラックバック一覧です: ギターまで削った!? Tears For Fearsの最新カバー曲発表!:

« Brand Xはいつになったらリマスターされるんや | トップページ | いっぺんに届くなよー »