« ギターまで削った!? Tears For Fearsの最新カバー曲発表! | トップページ | わたしはセイコークォーツ »

2013/11/01

いっぺんに届くなよー

TFF関連CD

よりによって図書館からCD14枚も借りた日に…。
さあ、どれから聴こうか。

紹介は順次やるのでな。

|

« ギターまで削った!? Tears For Fearsの最新カバー曲発表! | トップページ | わたしはセイコークォーツ »

コメント

うちは"Hurting Box set"の他に、ガブちゃんの"And I'll Scratch Yours"(デヴィッド・バーンの "I Don't Remember"とポール・サイモンの"Biko"にメロメロになったもんで ^^;)と"Live in Athens 1987"が届いて大混乱です。

しかし、何故歌詞を載せなかったんでしょーねw<"Hurting Box set"
非英語圏TFFファンも多いのに、あれは痛恨の戦略ミスだと思うのですがannoy

投稿: じゅり | 2013/11/03 12:17

じゅりさんま

『The Hurting Box』CD3枚は聴きましたが、いろいろ発見がありますねー。とりあえず満腹になるまで聴きますわ。

歌詞カードは確かにあっても良かったかな。

ガブさんの逆カバーはなかなか豪華なラインナップですね。予定ではRadioheadとかも入るはずだったらしいけど、実現していたらもっと凄かったなぁ。

投稿: SHIRO | 2013/11/04 01:52

カバー新曲に続いてBOXセットとTFF三昧の一週間です。

カバー曲については原曲を知らないので
新曲感覚で楽しませてもらっています。(前作も)
音も超僕好み!
このままNEWアルバムは全曲カバーだったりして…

『the hurting BOX』は B-Side and Remixes の
change(new version) が歌詞が違っていてビックリでした。
じゅりさんのおっしゃる通り歌詞が欲しい!

Live Sessions はこれから聴きま~す!!

投稿: ニキタ | 2013/11/04 12:54

ニキタさま

TFFファンはまぁだいたい同じような状況ですかね。

カバー2曲はどちらもまったくナチュラルにTFFの世界として聴けてしまいますよね。原曲があると知らなければ、まったく気がつかなかったかもしれません。ま、とりあえずHot Chipの方は次回、紹介しますけど。

ちなみにこの2曲は試運転的なものだと表明されているので新作アルバムには入らないと思われます。これはオイラの勝手なイメージですが、全曲カバーとか意地でもやらないのがローランドって人なのではないかと。

個人的には『The Hurting Box』最大の収穫は「Live Sessions」でした。82年の音はやっぱり82年にしか出せないもので、その魅力というかその後の同じ曲のアレンジとの違いにけっこう感動しましたよ。

投稿: SHIRO | 2013/11/04 15:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/58496055

この記事へのトラックバック一覧です: いっぺんに届くなよー:

« ギターまで削った!? Tears For Fearsの最新カバー曲発表! | トップページ | わたしはセイコークォーツ »