« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014/04/28

1st ALBUM「Fairies」リリース記念ライヴ「フェ!フェ!フェ!フェアリーズ!」@Zeppダイバーシティ東京

あんなエイプリルフールをやったせいで、「2015年 仮面ライダー」とか検索かけてうちにたどり着く人がたくさんいるみたい。たいへん申し訳ない思いでいっぱいなんだが、SPEEDの再結成「果てしなき渇き」の映画化も実現させた四月馬鹿なので、本当に来年「仮面ライダー御香里奈」が放送されるかもしれない。きっとベルトのCDプレイヤーが回転して変身するんだぜ。「御香里奈」なのにオカリナ吹かないのかよ的な。だっておもちゃ売らないと。

さて、ぜんぜん関係ない枕でスタートしたが、メインコンテンツはフェアリーズ・ライブ。てか、開演前の諸注意をナレーションするたびに真面目な口調で「ふぇふぇふぇふぇありーず」云うのはどうかと思うよ。ま、吹き出されても何だけど。

Zeppダイバーシティ前

4/27 1st ALBUM「Fairies」リリース記念ライヴ「フェ!フェ!フェ!フェアリーズ!」@Zeppダイバーシティ東京 (2部) Set list

1. HERO
2. White Angel
MC
<V企画:フェアリンピック>進行:キャン×キャン
3. Your Love / Mスリー
4. Poker Face / MOMOKA
<V:グッズCM(ロト6のCMパロディ)>
MC
<企画:フェアリーズ大喜利>進行:キャン×キャン
5. SILLY BOY
<ダンスコーナー>
<V:グッズCM(ニトリのCMパロディ)>
<新曲CM>
MC
6. SUPER HERO
7. Song for You
---------------
8. Run With You

夜の部に行ったので、パーリス大先生と会えるはずもなく、大好きな2階席最前列にどっかりと座らさせていただいてじっくり観覧した。入りは約1000席の7割ってとこかな。2階はガラガラ。行く前は、娘10歳をヒザに乗せて観るとかどういう趣向だよ!?とか思っていたが、余裕でひとり1席だったわ。ま、親子は昼の部が多かったのだろう。内容はセットリストの通り、ライブというよりイベントだった。数日前にボブ・ディランが演奏した会場でも、イオンでやるイベントの延長線上というのが実に今のフェアリーズらしい。長尺豪華版といっても、まぁイベントとしか云いようがない。楽しいことは楽しかったんだけどね。SPEEDの幻想を重ねたいオイラにとっては、結局、SPEEDだけが特別だったのだなぁという思いを強くするばかりだ。 「Song for You」とかアンコールの「Run With You」とか盛り上がったし、楽しかったんだけどね。6曲だけじゃ食い足りねぇ。ちなみにグッズCMの映像とか挟まれていて出来は面白かったんだが、ほとんど昼の部で売り切れており、相変わらずのつかみ損ねてる感に苦笑いせざるをえなかったことは付け加えておく。

総括:みんな、もっとがんばれ(特にスタッフ)。

と、終演後に外に突っ立っていたガンダムが云っていた。

やっぱいいなーガンダム

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014/04/10

その次は「仮面ライダーVSフェアリーズ」

ということで特撮とプログレの両方を知っていないとまったくわからないエイプリル、今日までありがとう。

Yesは新作出るってよ。すごいなぁ。Asia新作出たけどね。もう「すごい」みたいな感想しかないよなぁまず。ちなみに一昨日はハウ爺の誕生日だったらしいっすよ。67歳っすよ。藤岡弘、は68歳だから、昭和ライダーと戦うには相応しい年齢だったんすね。

ちなみに「ブルーフォード」という表記が大キライだ。「ブラッフォード」でいいじゃねえか。だいたいツアー音源のメンバー紹介とか聞いても、オイラの耳には「ブルーフォード」っていう響きに聞こえてこないんだよね。百歩譲って「ブルッフォード」がいいところだ。本人が嫌がってるんじゃ仕方ないと思わなくもないのだけど、ウィキペディアから何からそれが当然と云わんばかりにガンガン書き換えている人がいるのが何かむさくるしい。英語をカタカナにするのなんて限界があるんだし、好きにさせとけやと。本人の前でだけちゃんと英語発音で呼んだらええやん。

FairiesFairies』 フェアリーズ
あんなにさんざん聴いた楽曲ばかり出てくるのに、結局、ヘビロテしているオイラのバカ。アルバム構成というか要するに曲順は妥当な線で、前半が「NMD」で終わって後半が「HERO」で始まるとことかけっこう昔のLPみたいでノスタル爺を感じるよ。収録分数も約46分。思わずカセットテープに録音したくなるわぁ。季節感は皆無だけど。季節感は皆無だけど。ラストの萌々香ソロはやったぜ伊秩楽曲。10人中10人が「飾りじゃないのよ涙は」を思い出すモノゴッツイ昭和アイドル歌謡を「Run with U」と同じテイストのアレンジで無茶しやがって。ま、川音っちゃんのクレジットが一切ないのが不満だけど、契約の問題とかあるんだろうし、そこは大人の事情。リック・ウェイクマン的な。リック・ウェイクマン的な。とりあえず次のアルバムも出してもらえそうな気がしてきたので良かった。踊りのこと考えなくていいから2ndアルバムを早くしろください。

4/27はパーリス大先生に会えるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/04/01

2015年東映マンガ祭り「仮面ライダーVSイエス」!

仮面ライダーVSイエス

「平成VS昭和」の次は「特撮VSプログレ」!?
掟破りの異種音楽バトル。勝つのはどっちだ?

仮面ライダーの次作は「響鬼」以来となる音楽で戦うライダー、「仮面ライダー御香里奈(オカリナ)」に決定したと先ごろ発表があったわけだが、この新作を軸にした映画版として、東映マンガ祭り「仮面ライダー VS イエス」の公開が決定。「ユーロロックプレス」をはじめとした各音楽誌がトップ記事として採り上げている。

近作の平成仮面ライダー5人(オーズ・フォーゼ・ウィザード・鎧武・御香里奈)とイエス現メンバー(スクワイア・ハウ・ホワイト・ダウンズ・デイヴィソン)が日本武道館で激突。めくるめく音楽対決を繰り広げる。ふたつの世界のキーマンとなるディケイドトレヴァー・ホーンはどう動くのか。終盤から入り乱れる昭和ライダーたちとイエス旧メンバーとの戦い、とりわけ1号ライダージョン・アンダーソンの対決に注目が集まる。静観を決め込むロバート・フリップ、チョイ役で登場して核廃絶を訴えるロジャー・ウォーターズ、ライダーではなくオルガンに襲いかかるキース・エマーソンも見逃せない。なぜかリマスタリングしているスティーヴン・ウィルソンも一瞬映るらしいので見落とすな。なお、引退したビル・ブラッフォードの役は北大路欣也が演じる。

2015年4月公開予定 → 詳しくはコチラ

ちなみに「仮面ライダー御香里奈(オカリナ)」は、シリーズ初となる女主人公で、能世あんなが演じるんだぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »