« 2014年12月 | トップページ | 2015年12月 »

2015/07/19

最近のTears For Fears情報まとめ

うちの2大コンテンツのひとつ、Tears For Fearsについてもフォローしておかねばなるまい。もう先月になるわけだが、約半年ぶりのショート・ツアーを行っている。記録として残しておくべく、日程は下記の通り。

《Tears For Fears 2015 USA Tour June》
6/6 Free Press Summer Fest 2015: NRG Park, Houston, TX
6/12 Bonnaroo 2015: Great Stage Park, Manchester, TN
6/14 Fiddler's Green Amphitheatre, Greenwood Village, CO
6/15 Uptown Theater, Kansas City, MO
6/16 Brady Theater, Tulsa, OK
6/18 Sandia Casino, Albuquerque, NM
6/19 Wild Horse Pass & Casino, Chandler, AZ
6/20 Jack's 10th Show 2015: Irvine Meadows, Irvine, CA

アメリカ3大ロックフェスのひとつ「ボナルー・フェスティバル2015」への出演を核に、中規模ホールをドサ回り。セットリストは目新しいものでもないので割愛。ま、YouTubeにたくさんアップされているので「Tears For Fears 2015」とかで検索すればよいんじゃないかなと。アレンジも大きな変化はなく、良くも悪くもいつもどおりの安定したTFFであった。ちなみに次のライブの予定は9月に何本か入っている。まだ増えそうな気配だが、下記、わかったものだけ。

9/18 or 20 TBD Fest, Sacramento, CA
9/19 Vina Robles Amphitheatre, Paso Robles, CA
9/24 Freedom Hill amphitheatre, Sterling Heights, MI
9/25 Casino Rama, Ontario, Canada
9/26 Casino Rama, Ontario, Canada

もういっこ大きなトピックというか、TFFファンの度肝を抜いた出来事があったのが3月のこと。こちらも今更ながら紹介しておきたい。
Reggie Watts (feat. Tears for Fears)という名義の「Bomb Song」というPVがTFFファンによりYouTubeにアップされた。

突拍子もなく登場したこれはいったい何かというと「Comedy Bang! Bang!」というアメリカで放送されているコメディ番組のスキットとして放送されたものらしい。Bachelor Brothers Recordsなんてレーベル名まで出ているので、発売される音源なのかと調べたものだが、このレーベルも番組内の架空レーベルの模様。しかしTFFがふたり揃ってこれだけガッツリと他人の作品に参加するのは実は初めてに近いくらい珍しいことなのだった。カートはけっこうこういうの気楽に出るようなんだが、ローランドは滅茶苦茶数が少ない。角が取れたもんだわいなぁ。しかもふたりとも何気にちゃんとコーラスしているじゃないか。内容は「爆弾の歌」ということで、コメディ・タッチに政治家批判しているもので、PVではなぜかGenesisの「Land Of Confusion」「I Can't Dance」あたりを意識した演出も見受けられるね。
レジー・ワッツは、シアトルを中心に活動しているシンガー兼コメディアンという人物で、日本でいうとお笑い寄りな時の電気グルーヴをひとりでやってるような感じといったところだろうか。元々、ミュージシャンとして評価も高い人らしく、 MaktubやSouliveのメンバーとして、またソロで数々の作品を発表している。ちなみにプログレッシャーな皆様方にはWayne Horvitz周辺のアーティストとして知られた存在かもしれない。4+1アンサンブルにも入っているね。Wayne Horvitz作品はけっこう聴いているのだけど、彼が参加している作品は聴けていないので、いずれ聴けたら紹介しようかな。今では全米でもけっこう名の知れた存在であるらしく、ボナルー・フェスティバルを盛り上げるコメディアンとしてもずっと活動しているようで、TFFのボナルー出演の布石にもなっていたのかもしれない。折りしもレジーは先月で「Comedy Bang! Bang!」を卒業したらしいので、これからまた新たな活動が始まるのだろう。注目したいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/18

フェアリーズ 11thシングル「相思相愛☆destination」リリースイベント in お台場

半年以上ぶりのご無沙汰。いつ戻ろうかとタイミングを図っていたらダラダラとこんな時期になった次第だ。やっぱり戻ってくるなら妖精ちゃんたちのネタしかないんだぜ。

これは前回の春日部「Kiss Me Babe」イベ
3/26、春日部の「Kiss Me Babe」イベの写真も実はあったのだが、ヒドイ角度&ボケまくりで吹っ飛ばしたのだった。曲はキャバレーっぽくて面白かったんだが。

さて、そんなわけで「相思相愛☆destination」リリースイベントを、東京はお台場・ヴィーナスフォート2F教会広場まで見に行ってきた。第1部で、平日16時からじゃ流石に観客少なめかなと。

2015071801
台風で午前中は雨降ってたのになぁ。誰だよ傘持ってけ云うたのは。邪魔だったわー。

2015071802
ヴィーナスフォート超久しぶりに来た。暗いんだよなぁここ。

2015071803
最後列ながら距離はそんなに遠くない。が、前の観客の頭はいかんともしがたい。

2015071804
新曲ならみきみきさんをフィーチャーすべきとこだがファインダーに入ってこなかった…ということで萌々香さん。

2015071805
空ちゃん超絶かっこよく撮れたあるよ。

2015071806
みりあかわいいよみりあ。

というわけで、暗い&ダンス相変わらず早えで、こんな塩梅。ライブ自体は安定の出来。堪能したあるよ。

「相思相愛☆destination (CD+DVD)」萌々香&みきみきのツインボーカルをど真ん中に据えて、完全にSPEED化したなぁというのが最初に聴いた感想だったのだが、何のこたぁない伊秩楽曲なんじゃないか。アレンジはまるでLAメタル。頭の悪そうな歌詞もまるでLAメタル。歌声とダンスはいつもよりちょっと大変そうじゃないフェアリーズ。最高。これでいいんだよ。これでいいじゃないか。おっさんファンは懐かしさにもんどりうち、学生は英単語を覚えられるじゃないか。「コミュニケーション」だけ2回出てくるところがまた、詰めの甘さを感じさせて頭の悪さ倍増。計算されつくした伊秩節が炸裂している。見える。見えるぜ。スタジアムで真尋が「ぎゅっぎゅしよ!」と叫び、観客が狂喜乱舞する姿が見えるぜ(そのわりに今日はここで盛り上がってなかったが、みんな撮影に夢中だったんだろう)。対してカップリングの「Honey Vacation」はカップル旅行にウキウキしてる女子の心情を果てしなく能天気にポップに描いていて、その凡庸さが「B面」ぽいというか捨て曲ぽいというか、これまたたまらん。勘違いしないでほしい、オイラは本気で全面的に支持している。

そんなわけでフェアリーズの未来はだいぶ明るくなった気がする。この曲でマスコミ攻勢もかけるようだし、やる気を感じるよ。ということでオイラもやる気出していこうかと。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年12月 »