« 2015年7月 | トップページ

2015/12/18

King Crimsonを生で観てきた(実は初)

The Elements of King Crimson Tour in Japan 2015
Bunkamura Orchard Hall, Tokyo, Japan
2015.12.17 Setlist

Walk On: Monk Morph Chamber Music
Larks Tongues in Aspic Part I (intro)
Radical Action (To Unseat the Hold of Monkey Mind) I
Meltdown
Radical Action (To Unseat the Hold of Monkey Mind) II
Level Five
Peace - An End (including Japanese Words)
Epitaph
Red
Pictures of a City
Hell Hounds of Krim
The ConstruKCtion of Light
A Scarcity of Miracles
Vrooom
Banshee Legs Bell Hassle
Easy Money
Sailors Tale
Starless

Devil Dogs
In the Court of the Crimson King
21st Century Schizoid Man

ということで、キング・クリムゾン東京最終公演を観てきた。急に思い立ったので当然のように3階席だったのだが、後列まで俯瞰でちゃんと見える場所だったので、もしかしたらフラットな1階より良かったかもしれない。

大味な感想を云えば見応えある内容ってことなんだが、ロックを体感する環境としてオーチャードホールがピンと来なかったのか、周りの皆さんがクラシックを聴くように大人しい感じだったせいなのか、アレレという拍子抜け感は否めなかった。みんな、もっとノレばいいじゃん。

でも、そうした感覚の大元はクリムゾンそのものにもあるのかなというところはちょっと感じて、曲によってその発表当時のキーメンバーであるレイクだったり、ブラッフォードだったり、ウェットンだったり、ブリューだったりの不在が浮き彫りになった分、ロックっぽさが引っ込んだのかというあたりがちょっと気になった。というか面白かった。だって気になりつつも演奏は現メンバーでカッチリとまとまっていて、その合間合間で「あ、いまのブラッフォードっぽかった!」とか感じさせたりするところもあるんだもの。何だこれはと。そうか、これがキング・クリムゾンなのかと。もう本当にスゴイなと。

セットリストは「One More Red Nightmare」聴けなかったのが残念だった以外は文句なし。冒頭から“知らなかったクリムゾン”連発で、懐メロを期待して来たオールドファンは面食らったことだろう。個人的にはこの辺の比較的最近できた楽曲の仕上がり具合にニンマリ。しかし、何といってもメル・コリンズで、「スターレス」「冷たい街の情景」「船乗り」といったサックスが活きる楽曲での活躍っぷりは物凄ぇものがあった。「21馬鹿」もサックス入りだとこんなに燃えるものかと、ああそうそうこういう曲だったんだよなぁ!と。楽曲単位でいろいろな発見があってとにかく面白いライブだった。
祭りは終わったが、クリムゾンはまだ続くんじゃねえかな?

トニー・レヴィン撮影中

これは携帯かスマホでなら撮影OKタイムの画像(「スターレス」後)。携帯、新しくしたらズームのやり方がわからなくてじれた。ま、席の位置が何となくわかる写真でよいのかもしれんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ