« King Crimsonを生で観てきた(実は初) | トップページ | 世紀末を超えたあたりで »

2017/06/27

音楽という魔法の粉をかけて!

Bill Rieflin - Mellotron, Keyboards, Fairy Dusting

ということで、King Crimsonのツアーが始まったらしいから戻ってきてみた。
まぁクリムゾンに戻ってきたのはビル・リーフリンで、今回はドラム叩かないらしくご覧の表記。
担当は、メロトロン、キーボード、妖精の粉

「何だよ妖精の粉って!?」と思ってる人は世界中にたくさんいる模様だが、
画像検索してもピンクの化粧品っぽい粉がいっぱい表示されるだけなんやで。
来年、来日か?という話もあるので、それまでの宿題にします。
何だよ、前回の来日が最後かもとか云ってたヤツ誰だよ?

その来日記事以来というのも何の因果か。
最近はもう何かトゥィッターにばっかり書いていたので、ブログの書き方にとまどうとまどう。
まるで初心者。ま、初心に戻って。

妖精といえば妖精ちゃんたちのこととかもまた書いていこうかなとか。
ATFFやらなきゃな気持ちになっても来ているので、ハードル上げずにダラダラ行こうかと。

|

« King Crimsonを生で観てきた(実は初) | トップページ | 世紀末を超えたあたりで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28861/65462702

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽という魔法の粉をかけて!:

« King Crimsonを生で観てきた(実は初) | トップページ | 世紀末を超えたあたりで »