カテゴリー「シアトル系」の7件の記事

2009/12/18

5人足りない! The Minus 5

萩尾望都に『11人いる!』というのがあってだね。宇宙大学の入学試験でいろんな星から来た受験生が10人集まってミッションをこなすという実技があって、なぜか11人いたってことから生まれる疑心暗鬼とか結束とかを描いて実によくできた作品。これ逆に人数足りなかったらそれはそれでコワイし面白そうだなぁと、芝居の脚本なんか書いていた時期に思ったものだ。思っただけで消化した作品は生まれなかったんだけどね。

何じゃその枕は?ということで、それではThe Minus 5に行く。久々にシアトル系だが。

The Lonesome Death of Buck McCoy

The Lonesome Death of Buck McCoy
The Minus 5

1997年というから約10年前の作品。ずっと聴きたかったのだが最近になってやっとこ確保した。元々はR.E.M.のPeter BuckとYoung Fresh FellowsのScott McCaugheyが掛け持ちでやっているセカンド・バンドみたいなものなんだが、いまだに継続中。今夏、新作『Killingsworth』も発売している。McCaugheyはR.E.M.のツアーに参加したこともあるし、本作に参加しているThe PosiesのKen StringfellowやJon Auerなんかも含めて、ここら辺の人脈はずーっとつるんでいるし、これからも変わらないのだろう。音的にもR.E.M.っぽくもYFFっぽくもあり、Posiesの雰囲気もあってっていう。それじゃThe Minus 5っぽさって何なのよさと聞かれれば、少なくともこの頃に関してはもっとダラダラしていると云うしかないのかな。もちろん楽曲も演奏もきっちりタイトなんだけど、比較すると穏やかというか。演奏は古き良きアメリカ的なアメリカン・ロックっぽく、楽曲そのものはThe Beatles以降のーみたいなもの引っ張り出してくるしかない。そういえばThe Rutlesに似た感じもある。オルタナもパワーポップも消化したらみんな同じウンコになっちゃったみたいな。でもちっとも悪い意味ではなくって同じように見えても違うじゃないか実際は。オイラはフォークとかトラッドに近づいちゃった「Moonshine Girl」とか好きだな。弱小レーベルから出ているのに入手はそんなに大変じゃないみたいなので、シアトル系の懐の深さを感じたかったらオススメだ。

ちなみに最新の音は彼らのMySpaceで聴ける。ドラムはR.E.M.のツアーでももうお馴染みのBill Rieflin。近頃はWilcoのメンバーとつるむことが多かったようなんだけど、最新作ではThe Decemberistsの人たちが参加しているらしいよ。

えーと日曜は厚生年金行けるようになっちゃったらしいので感想文をやる予定。
その後、ATFFのはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/10

訃報続きで…… Hugh Hopper亡くなる

次はそろそろTears For Fears関連かな。忘れた頃だろうし。と思っていたところに飛び込んできた訃報。もう何か愕然としますよ。コメント欄でホッパー兄弟のこと書いたばっかりだし。

Hugh Hopperが6月7日に白血病で亡くなったとのこと。64歳。ホッパー兄弟の弟の方で、兄Brianより先に鬼籍に入ってしまった格好。昨年のHUMI公演での来日がポシャッたあたりから、どうにも雲行きがあやしいなぁとは思っていたんですがね……。カンタベリー音楽を知らない人に念のため書いておくと、そのカンタベリー音楽というシーンそのもののスタート地点とも云われるバンド、Wilde Flowersのメンバーであり、その後もSoft Machineをはじめいくつものシーンを語る上で重要なバンドやソロなどの活動を通じて数多くの名作名演を残した偉大なベーシストにして作曲家ということになるだろう。

A Remark Hugh Made

オイラは1995年のKramerとの来日公演で彼の姿を目の当たりにしている。元々はDaevid Allenも来日してGong名義(もう本当に名義だけだよなぁ。KramerとやっていたのもNewYork Gongだし。でも天邪鬼なオイラはそれ故に興味深々だった)の公演になるはずだったのが、Allenが来日NGとなり、Kramer名義になったという曰く付きのライブだったのだが、実はGongについて不勉強で、2人のデュオで前年に発表されていたアルバム『A Remark Hugh Made』が好きだった自分としてはむしろ嬉しかったりしたというね。ま、ぶっちゃけKramerがソロで発表したナンバーの多いセットだったんだが、Hopperらしい重くてデカくてメロディアスな演奏もけっこう楽しめた。一部、適当に弾いてるのか?という場面もあったりもしたのだけど。なお、この時のライブは日本でだけ『Still Alive in '95 (Live in Japan)』としてCD化されてもいる。
今、『A Remark Hugh Made』を聴きながら書いているんだけど、実に才気走ったKramerの多重演奏と低音部をブイブイと泳ぐように鳴らすHopperのベースが絶妙にブレンドされているわ。Robert Wyattがゲストで歌う1曲目からして鳥肌ものの美しさ。その後に続く楽曲もメロディがちゃんと頭に残るようなポップさを兼ね備えたミクスチャー・ミュージックばかりで、これもっと聴かれていいと思う。てか、Amazonだとプレミア付いてるんだね! 廃盤中かよー。Shimmy DiscってかSecond Shimmyはそろそろリマスター・プロジェクトでも立ち上げて再発してくれなきゃダメだな。本作、実はゲスト演奏も収録されているGary Windo(1992年没)に捧げられた作品でもあったりするのだが、Hopperを追悼するのに聴くことになってしまったというね……複雑な気持ちだ。

他にもSoftsの諸作だとかHatfield and The Northの元メンバーとかAlan Gowenなんかと絡んだ作品とか、もう数え切れないほど素晴らしい作品を残しているのでね。ソロでも『Hopper Tunity Box』みたいな傑作あるし。シアトル系ミュージックのキーパーソン、Fred Chalenorとの夢の共演が果たされたHughscoreなんてプロジェクト・バンドもはずせないし。オススメできない作品を探す方が大変なくらいなので、聴いたことない方はぜひこれを機に耳を傾けてみてはいかがかと。当の本人は今頃、Soft Heapの天国公演でツアーしてることでしょうなぁ。RIP。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/06

UKZには期待してもいいのかもしれない

やっと重い腰を上げたらしいEddie Jobsonさん率いるUKZが、今月末には本当にライブまでやっちゃうらしいのだけど、あれはあれで素敵ではあった『Theme of Secrets』以来のというイメージが強くて、UKを彷彿させる~とか、こりゃスゴイ!と唸らせてくれる音楽を作ってくれるのか、まぁ不安だったりはしたわけでね。
メンバーにはEddie Jobsonに加えて、元King Crimsonにしてシアトル系ミュージックのキー・パーソンであるTrey Gunn、玄人好みのオーストラリア人ギタリストAlex Machacekがいるんで、ちょっとワクテカできる要素はあるわけなんだが、実際に音が出てくるまではどうにもという感じだったんだ。
で、YouTubeに関係者と思しき人がアップしたプロモーション動画が出てきたので、ここはひとつより多くの人に聞いてもらうために貼っちゃう。

まぁ順調に行けば近いうちに出てくるはずのアルバムに収録されるらしい「Radiation」という曲。ぶっちゃけ、前半はGunnの金属的な響きがかっちょいーウォーギターを除けばそんなに個性の強い楽曲&演奏ではないし、ボーカルの偽マイケル・スタイプみたいな禿も何だかなぁでな。何よりどこにいるんだEddie Jobson!?的なね。だが、これちょい長めの前菜だと思えばいい。メインディッシュは3分40秒くらいのとこから。キーボードで斬り込んでくるぜJobson! そこからは良いぞ。ギザギザ切るだけだったMachacekのギターも急にアラフォーじゃないアラホーさんみたいになって爆笑。Jobsonは昔のバイオリンまで引っ張り出す。これはアルバムが気になる。気になるぅ~くぅーッ!

でももっと爆笑したのは同じglolabelさんがアップしているLil'UKというバンド。バンドなのか? メンバー全員12歳だって(アップされた1年半ぐらい前の当時)。後期UKとまったく同じトリオ編成で「Caesar's Palace Blues」をけっこうタイトにカバーしていやがったりする。このバンド、何とEddie Jobsonの息子Christopher Jobsonが参加しているんだそうで。ま、バイオリンではなくドタバタしたドラムの子がそうみたいなんだけど。歌はサビのとこだけなんだけど、これがボーイソプラノで「しーざーすぱーれーすぶるぅーす♪」て。大爆笑。「Black Dog」では歌いながらのドラミングまで披露。You来日しちゃいなヨ! Meがチケットさばいてあげるよ!

あれ? 何で音聴いて爆笑する話になってるんだっけ?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/07/08

Seattle Guitar Circleを聴く

久しぶりにシアトル系ミュージック(カンタベリー系ミュージックに対抗して勝手に命名。グランジとかジャム・バンドなんかとも交錯するが微妙に違う立ち位置な音楽)の話である。その後もいろいろ聴いたり調べたりしているのだけど、体系的に紹介するにはまだまだ経験値が足らない気がしてなぁ。たまに思いついたように小出しにする。

さて、シアトル系ミュージックを追いかけていくといくつかのキーポイントがある。ひとつはいわゆるカンタベリー系アーティストの直接的ないし間接的な影響だ。これがオイラの云うシアトル系の最初。その延長線上にニューヨークというかKnitting Factory周辺のミュージシャンとの交流があった。で、もうひとつ大きかったと思われるのがギタークラフトの影響なんだ。

Seattle Circleという団体がある。公式サイト(最近、ドメインが変わったので要注意。旧サイトはなぜか引越屋サイトに……)によると1994年に結成された非営利音楽コミュニティで、ギタークラフトの分派ということになっているらしい。話が前後するが、一応簡単に解説しておくと、ギタークラフトってのはKing Crimsonの主要メンバーであるRobert Frippが1985年に創設したギター奏法の勉強会みたいなものだ。80年代におけるKing Crimsonが元々Disciplin(鍛錬)の名前でスタートしたのは有名な話で、FrippとAdrian Belewのギター2本によるアンサンブルが核となっていたわけなんだけど、それをみんなもやってみようよ~みたいな話でね。80年代後半ぐらいから、The League of Crafty Guitaristsの名義でFripp含む10人ぐらいのギタリストがアンサンブルとなって世界各国でライブを行っている。これが元々はギタークラフトのお披露目的な意味合いだったのだと思うのだけど、その初期の段階でシアトルや周辺地域など米国のミュージシャンが多数含まれているので、Seattle Circleというのもその頃に母体ができていたのだろう。なぜシアトルなのか事情はわからんのだけど。
The League of Crafty Guitaristsの名前が入ったCDを聴いたことない人に説明すると、そこにある音楽はKing Crimsonからヘビーさを抜き叙情性を残したような反復表現の多い短めの楽曲を、たくさんのギターでけっこうな早さで爪弾いていくインストということになる。長い説明だ。そこからThe Robert Fripp String QuintetとかCalifornia Guitar Trioといったバンドが派生的に生まれたのは比較的知られた話だろう。日本盤も出ていたからネ。そっちで知名度を上げたTrey Gunnもまさにシアトル系ミュージシャンに数えられる人物なのだが、一方でご当地、Seattle Circleの方でもいろいろ動きがあったり作品が出たりということになっていた。

Twilight

Seattle Guitar Circle 『Twilight』
品番はbm9901。bmとはBallistic Musicの略で自分たちで立ち上げたレーベルのようだ。メンバーはSteve BallCurt GoldenというThe League of Crafty Guitarists参加組に加え、Bob Williams、Jaxie Binder、Dean Jensen、そしてBill Rieflinという6人。そうシアトル系のキーパーソンのひとり、Rieflinがここに登場するのだよ。実は1999年の発表ということで、彼の初ソロ作『Birth of a Giant』と同時期に出ていた作品なんだね。Bill(Williamの表記も多数) Rieflinはインダストリアル・ミュージックの代表グループであるMinistryとその周辺(&変名)バンドでドラマーとしてすでに知名度のあるミュージシャンだったのだが、1995年に脱退。以降、同僚だったChris Connellyとの活動などでマルチ・ミュージシャンとして興味深い音楽活動を展開していくことに。その転機としてSeattle Circleへの参加が大きなエポックとなったことは間違いない。ちなみに、その後の活動を通じて知り合いになったPeter Buckの誘いでREMのサポート・ドラマーとなり現在もツアー中である(先月のライブの詳細なレポートとか読むと観たくなるなぁ)。REMとシアトルとの関係とかもグランジやらKurt Cobainやらといった切り口など含めいろいろあったりするのだけど、今回は閑話休題しとこうかと。
さて、本作の収録内容は11曲で約25分と1曲がかなり短い。各曲ごとのメンバー・クレジットはなくライナーノーツの表記は作曲者のみ。演奏から人物像を推し量ろうとしてもお手上げなのはこの手の音楽をご存知の方ならおわかりだろう。個性を主張するよりむしろ全体像としてのブラッシュアップに重点を置いた演奏なのでな。どうやら全曲に全員が参加しているわけでもないようだ。The League of Crafty Guitaristsとの比較で云うと、「鍛錬」という言葉を思い出させないところが大きな違い。同じ出自ならではの近い風合いがあることは当然ながら、Crimsonライクな曲はなく、つまり攻撃性みたいなものが廃されて、よりエモーショナルな雰囲気が強く感じられる。ギターの音色そのものも硬質に響くようなことはない。かといってCGTほどの能天気な開き直り感もなく、冒頭のそして唯一のRieflin作曲ナンバー「Invocation」をはじめ各曲からは哀感とか叙情みたいなものが強く醸し出されている。あれだAnthony Phillipsの多重録音作品のアメリカ版みたいなところがあるね。夏の暑い夜に聴くと涼やかな空気を運んでくれること請け合い。だって今がそうだから。

それにつけても文章が長くなった。結局、このRobert Frippの影響を音楽的に、そして人脈的に取り込んでいったことがシアトル系ミュージックをさらに独特なものへと変えていった部分が大きいみたいなのだ。だいぶ面白い音盤も聴けてきているので、ちょろちょろとシアトル系についてはまた書いていきたい。

ちなみに今回のネタを転がしていくと、Atomic Chamber EnsembleであるとかElectric Gauchosであるとか、さらに派生したようなバンドなんかもあったりするのだけど、キリがないのでまた機会があればな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/25

グラミー賞とFoo FightersとSean Lennonそしてシアトルって長いよタイトル

第50回グラミー賞ライブ・パフォーマンスの出演者決定bounce.com

記念すべき50回目のグラミー出演陣にFoo Fightersも名を連ねているね。Kurt Cobain亡き後、Nirvanaの大ファンだったSean LennonがDave Grohlに電凸して「ボクをナヴァーナに入れてください!」と云ったら「あー、Foo Fightersやってくからダメ。ゴメンネ!」と答えたというエピソードがたいへん微笑ましくてオイラ大好きなんだ(ウィキペディア参照)。で、オイラがまとめて紹介したいなぁと思っているシアトル・ミュージックのキーマンのうちのひとりが、Foo Fightersの成功を横目で見ながらKrist Novoselicが結成したSweet 75でドラム叩いてた人なんだよ。
で、その彼、Bill Rieflinが中心となったのがSlow Music Projectなわけで。そこでドラム叩いていたのが元Edie Brickell and New BohemiansのMatt Chamberlainというね。どうかね、この知らないと関係なさそうにみえるのにちゃんとつながってる人脈図は?
そんなわけで時代順にやろうとするとまた止まるに違いないシアトルの話は、次回、Bill Rieflin関連で行くよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/19

Tone Dogs - シアトルを巡る音楽旅行の始まりに

この度、ArcRyte Onlineさんに「インターネット・アーカイブでライブ音源を聴く」をピックアップしていただいちゃったようで。一応はなるべく他でやってなさそうなものを勝手に書いてるだけの人間ではあるが、それなりに反響なり反応なりがあるのは素直に嬉しいもので。で、そのエントリであえて採り上げていた2人が在籍するバンドがTone Dogsってなわけでな。

Ankety Low Day

Ankety Low Day』 Tone Dogs
1990年の作品。Amy Denio、Fred Chalenorという稀代のマルチ・アーティストと、当時、SoundgardenのドラマーであったMatt Cameronによるグループ。出てくる音はバンドっぽいのに、核となる部分はほとんどChalenorだったりDenioだったりの演奏による多重録音だってんだから目が点。1曲目からカッコいいベースだなぁなんて思うと実はChalenorが居なかったり、Denioっぽい音楽だなァと思ったらChalenorの作曲だったりなんて感じでもう何がなんだか。さらにゲストでFred Frithが大活躍していたり、Hans Reichelが歪んだギター音足してたりで、とにかく軽くて深い。アバウトに云えば全体像はおそろしくよくできたアヴァン・ポップ。連想するのはHenry Cow、Soft MachineといったカンタベリーのバンドやKing Crimsonなどのプログレ、Policeみたいなパンクっぽさを含んだポップ・ロックといった辺り。しかし何より特筆すべきは、そういったものを完全に咀嚼して吐き出された音楽の揺るぎない力だ。何か別のことをやりながら聴いていても、何度となくハッとさせられ、スピーカーの方を振り向いてしまうような強烈な主張が音楽そのものにあるのだよ。そしてヒリヒリするようなギター・サウンドやアルバム全体に通呈するダークな雰囲気といったグランジとの共通点。大企業で働いて昼にはカフェ飯みたいな明るい雰囲気の裏側にどんだけ暗い部分があるんだシアトルよ? 想像の中のシアトルはスゴイことになっていたりする。たぶん本物とは違うんだけどな。

こういう作品をまずは多くの方に聴いてほしいのに、マーケットプレイスでもそこそこいいお値段。というわけでCD BABYを利用した次第だったのだよ。あと彼らのMySpaceでは現在、2ndアルバム『Early Middle Years』からの楽曲も含めた5曲のフル試聴が可能だ。実はこの2nd、何と本日、米国から届いたのら。これから聴くのら!

Matt Cameronはその後、SoundgardenからPearl Jamに異動してグランジ一直線の人生を歩むことになる。この3人の中で最もメジャー・フィールドを歩んでいるとは不思議なものだ。なお、プログレ・ファンで彼がRushのGeddy Lee唯一のソロ・アルバム『My Favorite Headache』でも叩いているのを知っていたら大したもんだ。

ちなみにテキサスに同名のブルース・バンドがあるようだがもちろん無関係だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/17

スタバ、スペースニードル、イチローといえば?

愚問だね。

シアトル発祥の音楽といえばグランジと決まったような答えが返ってくるんじゃないかと。それ正しい。で、実はオイラ、このところずっとシアトルのミュージシャンが作った音楽をかなり聴いていたんだ。新垣結衣以外は。

そこで年内はそのシアトル発の音楽を中心に紹介していこうかなと思っている。アイドルもの以外は。

いやー、音楽そのものはもちろん、調べると意外な人脈図が見えてきたりしてとにかく面白いんだよ。それがあんまり体系的に紹介されていないみたいでなぁ。もったいない。オイラのことなのでド真ん中のグランジはあんまり出てこないはずだが、やっぱりちょっとかぶってくる。基本はジャズとロックの狭間にあるものっちゅうか何ちゅうかそんなもんだ。ま、ここんところ書いてるネタもけっこうその辺が多かったわけなんだけどさ。

で、次回はTone Dogs。そのうち、彩音の一番人気ネタ「Robert FrippといえばWindows Vistaの起動音もな」に絡む話も出てきたりするんだぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)