カテゴリー「演劇関連」の4件の記事

2009/07/23

「Berryz工房 VS Berryz工房」のDVDは何度となく観ているわけだ

あたるも八卦!?」観た後に書きかけてあったエントリを復活させてみた。まったくもって時事性は皆無もいいところだけど。

結局のところゲキハロの最大の成功例は今のところ「Berryz工房 VS Berryz工房」なんじゃないかと思う。「寝るキュー」もアイドルもの商業演劇としては賛辞を送れるのだが、演技力のなさを設定でカバーした側面は否めない。プラス・アルファの魅力というか根本的に演劇としての魅力をも兼ね備えているのが「VS」ということになるんじゃないだろうか。「お前はどっち派か?」と聞かれれば迷わず「℃-ute!」と答えるオイラでもこれはゆずれない。その理由をつらつらと記していく。

Berryz工房 VS Berryz工房

まずはタイトルが絶妙。どんな内容になるかまったく想像がつかない。そして観てみるとなるほど納得というね。そして、ロボットというまったくリアリティのない設定をぶち込みながら、すんなり理解させるストーリー展開が巧妙すぎる。元帥による観客いじりやテレビネタ(当時放送していた「よろせん!」など)、いわゆる楽屋落ちといった、ともすると寒くなる要素も、元ネタがわからなかったり、もっと云えばメタ・シアターという概念そのものを知らずともスーッと観させる作劇も地味にスゴイ。何気なく観させられた前半の展開が、実は後半になって謎解きのようにつながってくるとか、物語の構成も唸らされる。半端ない構築力だ。あと、見落とされがちになりそうなところだと、この芝居って説明セリフがほとんど存在しないんだ。セリフとセリフの間から物語の進行具合や感情の触れ幅を表現しようとする姿勢がバックボーンとしてデーンと横たわっている。目を見張ったよ。全体を締める役割をひとりで担う役者としての元帥の洒脱さも光る。いやーファンになったわーみたいな。そして何といっても、ベリメン演技うまー。ド真ん中に嗣永さんを持ってきて、横に菅谷、熊井を置くフォーメーションは、演技上手いヤツで物語を運ばせようというありきたりな選択ではあったのかもしれないけれど、結局のところ大正解。では、それ以外は目も当てられない状況だったのかというとまったくそんなことはなく適材適所という位置に収まっているんだから。Berryz工房がBerryz工房を演じているわけで、そのまんまの自分でもアリはアリなのに、よりそれっぽく凝縮したような演技をちゃんと観られた。Berryz工房を理解していなければつくれない話を、厳しい目線のヲタも膝を打つ形でまとめていて、パブリックイメージに乗っかって楽をした感のある「あたるも八卦!?」とはまったく逆にさらなる高みを目指して軽ーく成功しちゃっているのだ。ぶっちゃけベリメンの演技は「リバース!」の時には大して上手いとは感じなかったのになぁ。演出の力量もあるのだろうね。加えて脇を固める役者も嫌味なく好印象で、とりわけマネージャー役の岡田唯は素晴らしかった。「あああ~。うんうん。うんうん。ああああ~」で舞台セット完成に対する喜びを表現するところなど、良い意味で狂おしいほどバカな名演技だ。おっぱいだけじゃないんだ!みたいな。そして仙石ちゃん。徐々に自我を手にして暴走するロボットという難しい役どころを初々しさを伴いつつ演じきっているじゃないか。ベリメンともキレイに調和している。何でこれをきっかけにBerryz工房に加入させないのかという声が挙がったりしたのも理解できるってもんだ。

歌も盛り沢山の上、脇役のみのアクションもちょいちょい入り、何気にメッセージ性を多分に含んでいたりする本筋ももちろんうまく運んで、実に整合性の取れた物語を1時間40分でまとめあげた元帥こと楠本さんの手腕はマジで戦慄を覚えるほどだ。DVD初見時には、生で観られなかったことにマジで歯ぎしりしたさ。

例えば同じ台本で「℃-ute VS ℃-ute」を上演したらどうなるだろう? ま、たぶんそれはそれで元帥がうまいことまとめてくれそうなので観てみたいわな。栞ちゃん抜けちゃって、その辺をいじれないのがキツイかな。うん。やっぱ無理か。残念だ。栞ちゃんがいなくなって「寝るキュー」の続編の可能性がもうほとんどあり得なくなってしまったのも淋しいね。ファン・イベントの続編で終わりとはなぁ。ま、振り返れば、それがギリギリやれたってだけでも奇跡だったのかもしれないと思わなくもないけど。

まとめると、「Berryz工房 VS Berryz工房」には今からでもDVDで観る価値があると。誰よりもこれからアイドルの公演を仕切ろうっていう演劇関係者の皆さんに声を大にして云いたい。これを基準にしてほしい。これを超えるものをまずは目指してほしいとね。

ちなみに桃子のお母さんが女子プロレスラーの選手に設定されていたのは、「ファイティングポーズはダテじゃない!」にどこかのシーンでつなぐ予定があったんじゃないかというのがオイラの想像するところなんだぜ。

次回のゲキハロは9月。Berryz工房が座長の「サンク ユー ベリー ベリー」で、「寝るキュー」の塩田さん演出だそうな。いやーこれまた訳のわからん良いタイトルだなぁ。で、大学の後輩でもある中村純壱郎君が共演するということでまた歯ぎしりさせられているわけだ。ギリギリギリ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/06/16

℃-uteちゃんの「あたるも八卦!?」観て来たさ

こっそり℃-uteちゃんが出演する劇団ゲキハロ第6回公演「あたるも八卦!?」を観て来た。初日だな。チラシなんかには明日が初日って書いてあるけど。

「あたるも八卦!?」

ネタバレ少なめで感想。前回の反省から、とにかく情報シャットアウトして臨んだのだけど、タイトル通りの「占いを軸にしたスッタモンダ」な話であった。そのまんまやんか。ぶっちゃけアイドルもの商業演劇としては赤点と云わざるを得ない「携帯小説家」と比べたら及第点といったところか。突飛な設定を取っ払って普通の同級生にしたってこともあってテイストは「寝るキュー」に近づいた。ナチュラルっぽい彼女たちの魅力がムリなく楽しめるという点は良かった。何か観ていて落ち着くなぁと。オチが説教くさくなりそうなネタのわりに、淡々と終わったのも評価できる。しかしだなー、各メンバーのパブリック・イメージにおんぶに抱っこしすぎちゃった感がちょっと惜しい。サムシング・ニューがない。あと、この娘にこのセリフ云わせちゃうんだージ~ンという感動がない。℃-uteちゃんが出てさえいればそれでいいんだもん!な皆様以外にもうひとつ勧めづらいわけで……ま、やっぱりそんなもんなのかなぁ。ただ、これは「また聞き」レベルの話なので信憑性はアレなんだけど、実は来年から演劇は減少傾向になるという噂を聞いているので、生で彼女らの芝居を観たいという貴兄は要チェックだとは思う。週末には岡井千聖生誕祭とかもあるんだなぁ。

で、まぁ、今回の舞台は学生時代の盟友・しおつか君が出ているっていうのもあって、そこもまぁ楽しみではあったのだけど、舞美様の父親役ということに軽く眩暈を感じたよ。ああ、オイラもそんな年齢だったっけなぁ……。ぐるぐるどーん。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/06/24

℃-uteを演出できるなんて……

羨ましいという今回はボヤキ節の話。

ハロープロジェクトに所属するアイドルは、演劇公演を不定期ながらほぼ年1回くらいのサイクルで行っているのね。ゲキハロなんてのもやっている。劇団オンラインという演劇ポータルサイトがあるのだが、これが実はほとんどハロプロ関連の公演をカバーする内容になっている。で、オイラも演劇をやっていた関係で、気づいてみたら知った顔がここいらに関わっていて、ぶっちゃけた話、大いに羨ましいのである。包み隠さず羨ましい。

トノチョ’という劇団があって、ここの座長は大学時代の後輩。メロン記念日の人たちが出演する『宇宙にタッチ』という作品を昨秋上演した。これはゲキハロでなく彼女らの客演という形だったようだけど。かつて「’(ダッシュ)」が付く前の彼らのとある作品を観たオイラは、その内容に含まれたある種の悪意に憤慨して、座長にその旨を書いた長ったらしい手紙を書いた。で、返事がなかったので、それ以来、彼らの公演は観に行っていないのだが……。ま、羨ましいです。

で、またしてもメロン記念日の皆さんが出演する舞台『かば』ってのがこの春にあって、これを仕切ったのが散歩道楽という劇団。ここは、かつて劇団Believe in Magicというところで同じ舞台を踏んだ塩塚君率いる桜丘社中(昨年、惜しまれつつ解散)という劇団と共闘ともいうべき活動をしてきており、友人が出演していたりということもままあって、何度も公演に足を運んできた。そういえば劇団キャノン砲で一緒に芝居をやった男も一時期入団していたなぁ。途中で逃げちゃったらしいけど。さて、ある時、たいへん楽しみにして彼らの公演に一番乗りぐらいの勢いで観客席についたオイラ。だんだん後から観客が増えてきて、客席を切り盛りしていた舞台監督に「寄ってくれ寄ってくれ」云われて気づけば端っこに座ってる自分にたいへん悲しい思いをして、もう観に行くもんかとつぶやいたりした……なんてことがあってなぁ……昔の話だよ。ま、羨ましいよ。

で、話はやっとタイトルの℃-uteになるのだが、彼女らの舞台、劇団ゲキハロ第4回公演ってのが今秋あるのだけど、この演出がまた散歩道楽の太田氏なんだなぁ。
ええ、羨ましいですよ。本当に。く~ッ!

寝る子は℃-ute

ゲキハロという名の公演は4回目だが、℃-uteの主演舞台は2回目。で、1回目の公演が『寝る子は℃-ute』という作品。これDVDで観たのだけど、ものすごい出来。ストーリーそのものは他愛もないんだけど、女の子たちの描写力、男優陣との絶妙な絡ませ方、無理繰り押し込まれた歌とかダンスとか、ファンが観たいもの楽しみたい世界を巧みにバランスよく実現していたんだ。オイラより狂っちゃってる人がいるので、興味のある向きは知る人ぞ知る某サイトとか見てみる方が話が早かろう。そんなわけでヲタの皆さんに評価の高かった前作以上のクオリティを求められるのは大変だろうけど、やりがいはあるよなぁ。やっぱ羨ましい。

オイラは自分で率いた最後の劇団である三角獣で公演を行って以来、キャノン砲ってのはやっていたけどセンターで仕切っていないんだよね。気づけば、その最後の三角獣公演から今年は10周年なんだよ。演劇で飯を食うというのは困難だが、続けていればこういう世界もあったのかなと遠い目線で知人の活躍を見守るばかりなのだ。いや本当に継続は力なり。そして評価されて今がある彼らに敬意を表すばかりなのだ。℃-uteの舞台、必ず観に行くから太田氏頑張ってね。という話であったとさ。以上。

教訓:喧嘩しても悲しい思いをしても羨ましいものは羨ましい。

あ、でもたぶんオイラ、演劇はまだやるんじゃないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/01/15

Rocket Scientistsの楽曲が宝塚歌劇団で使われていたらしい

日本人でメリケン・プログレ好きな貴兄に送る、何で日本人が後から知ることになるんだネタ。何てストライク・ゾーンの狭さなんだ……。

ここ日本でRocket Scientistsといえば、Lana Laneでの活躍で有名になっちまったErik Norlanderの別プロジェクトとして知る人ぞ知るといった認知度だったはずなのだが、何故かその楽曲が宝塚歌劇団で使われていたらしい。ソースはProgressiveWorld.net。以下、拙訳の超訳(こればっか)。

賞賛を受けている女性だけで構成される日本の劇団「宝塚歌劇団」は、2007年9月21日から10月29日まで東京で上演されたミュージカル・ピカレスク 「アデュー・マルセイユ」&グランド・レビュー 「ラブ・シンフォニー」にて、Rocket Scientistsの楽曲「Revolution Road」を使用しました。 「Revolution Road」はジョン・コルトレーン、ヘンリー・マンシーニ、ジョニー・マーサー、およびコール・ポーターによる作品と並んで上演作に使用されました。 2007年12月20日に上演作のライブCDはリリースされました。
「Revolution Road」ソング・ライター:エリク・ノーランダーのコメント「私の音楽が気前のよいオーケストラのアレンジでこのような形で演奏されるのを聴くことは本当にスリリングでした。 有名なジョン・バリーによるジェームズ・ボンドのスコアを私に思い出させた劇的なホーン・パートを特に楽しみました。 さらに、伝説のジャズ作曲家と並んで上演作に含まれたことは、私にとってたいへんな名誉です」。
「Revolution Road」は、アメリカのプログレッシブロックの伝説的なバンドであるRocket Scientistsによって、同じタイトルの壮大な2CDアルバムにおいて、2006年11月7日にリリースされました。冒険的な器械の花火での旋律的で忘れがたい作詞作曲の驚異的な混合、『Revolution Road』はバンドの芸術的な業績を新しい高みへと持っていきました。CDでは、特別ゲストの参加者と共に、オリジナル・メンバーのマーク・マックライト(ギター、ボーカル)、エリク・ノーランダー(キーボード)とドン・シッフ(NS/Stick)をフィーチャーしています。
Think Tank Mediaが、『Rocket Scientists - Looking Backward』のタイトルで5枚組ディスクを収録したマルチ・メディアのボックス・セットをリリースしたばかりです。それは、新しいスタジオ録音の4枚目のディスクと、スタジオ・パフォーマンスや広範囲なインタビューとヒストリーを収録したのDVDに加えて、バンドの最初の3枚のスタジオ・アルバムを復刻したものです。

ラブ・シンフォニー

「ラブ・シンフォニー」の方がCDで出ている(日付は12月5日になっているが)ようだし、内容的にもこっちで上演されたっぽい。が、もちろんこんなマニアックなCDは入手していないので詳細不明。収録を割愛された楽曲もあるようだけど、インタビュー内容からして、エリクさんは宝塚アレンジ版を聴いているみたいだから、このCDで耳にした可能性は高いかな。持っているヅカ・ファンの方はよろしかったら情報くだされ。何ゆえRocket Scientistsの曲を採用したのかはこれまた不明だが、面白い話題なんだから宝塚ももっと広く情報発信したらいいのに。ま、「じゃ観に行こうか!」と思うのは日本中でオイラぐらいかもしれないけどな。
その後、調べたら公演専用のBBSがあった。眩暈がするほど濃い。収録割愛問題への不満の声(ま、CDというよりCSでの放送番組やこれから出るらしいDVDに対してのものだが)はけっこうあったけど、「Revolution Road」に関する情報はガーッと読んだ限りなかった。あ、花組には彩音さんって方がいらっしゃるのね。偶然ってあるのね。
Rocket Scientistsは一回レビュー書きかけて時間がなくなりやめたことがあったのだった。要望があったら次回はそれをやる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)