カテゴリー「JAZZ」の15件の記事

2013/09/20

Tony Coeといえば『ピンク・パンサー』の謎

Tony Coeというテナー・サックスがメインのサックス奏者がいるんだ。英国・カンタベリー出身で、いわゆるカンタベリー音楽のミュージシャンではあるのだけど、いわゆるカンタベリー音楽のミュージシャンとの共演が少ないせいと、彼のオリジナル作品のCD化があまり進んでいないという理由から、わが国での認知度は低いのかもしれない。オイラもオリジナル作品は『Le Voix D'itxassou』と『Mainly Mancini』しか所有していないのだけど、ムーディというかセクシーというか、実に艶のある音を出す人なのでかなり好きなわけだ。

そんでもってTony Coeについて調べていくと、たいがい「あの『ピンク・パンサー』のテーマでおなじみの」という冠がつくのだよ。実際、『Mainly Mancini』の1曲目もそれなんだ。ま、タイトルからして「マンシーニ」と作曲者の名前入れているし。ちなみにこのヴァージョンのピアノはJack Bruce BandやJeff Beckとの共演で知られるTony Hymas。このふたりにTerry Bozzioが絡んだThe Lonely Bearsなら知っているという人はそこそこいるかもしれない。心配すんなお前もマイノリティーだ。

と、ところがですよ。さらに調べると、「あの『ピンク・パンサー』のテーマでおなじみの」という人がもうひとり見つかるのよ。

アルティメット・ピンク・パンサーThe Ultimate Pink Panther』 Henry Mancini
それがPlas Johnson。82歳でまだ存命だそうだがB.B. Kingのバックで吹いてたとかそういうサックス奏者だ。一体どっちが本当なのか。一気に片をつけちゃろうと入手したこのピンク・パンサー音楽を選り抜きしたアルバムは、どうやら初CD化だったらしい『暗闇でドッキリ』からの2曲なんかも含めて、まー素敵な素敵なマンシーニ節が満載な内容だったのだけど、多くのサントラと同様に演奏者についての情報がほとんどライナーに載っていないのよ。で、日本語解説には「かの有名なテーマ曲はマンシーニがプラス・ジョンソンを念頭に書き上げた」的なことまで書いてあって、もうなんつうかどこ行ったートニー・コーさーん状態なわけだ。で、さらに狂ったように調べまくった。ああ、調べまくったさ。その結果、だいたいわかった。要するに最初の一作目のサントラに収録されたのはPlas Johnsonで、3作目にあたる『ピンク・パンサー2』以降のサントラに収録されているのは全部Tony Coeが吹いたということのようなのだ。何でまだ曖昧な書き方なのかというと、結局ちゃんとした演奏者データが見つからなかったからだ。てか、各作品のライナーにもそういうデータがあったりなかったりらしい。だから、いろいろな人の話を総合した結論というわけでござる。そういうことならどっちも「あの『ピンク・パンサー』のテーマでおなじみの」で許してやってもいい。本作にTony Coeヴァージョンの「The Pink Panther Theme」が収録されていれば聴き比べも容易かったのだけど、16曲目のメドレーの冒頭でしか聴けないのでピンと来ない。そこでYouTubeですよ。「The Return of the Pink Panther Intro」で検索するとすぐだ。聴けば一発。すんごく艶っぽいっす。Plas Johnsonが吹くためいきのようなというかやるせなさ交じりなような演奏も印象的なのだけど、よりコメディ色を増した映画にはCoeさんがピッタリだったのだろうなーという、そんな思いで胸がいっぱいだ。どちらも良い。なんという素晴らしいハッピー・エンド。ダダーン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/25

『Polytown』がめっかった良かった

PolytownPolytown
David Torn / Mick Karn / Terry Bozzio

どっこにあるのかと思って探しまくったらKing Crimsonの棚に紛れ込んでいた。そこに入れた時の自分を理解できなくもないんだがなぁ。1993年の作品。脂のノリまくったカーンさんのプレイがたっぷり。これだよこれ。全曲、即興じゃなかろうかと思うが、それぞれがやりたいことをやって、なおかつ尊重し合うことで驚くほどのまとまりを見せている。ギュムギュムゥーと唸るギター、ぽりぽりぽろーんとベース、ドラムは非常に硬質でギラギラとしている。全体は何ちゅーか中近東ムードなんだが、ダークで妖しい空気がモヤモヤ漂う。カーンさんのベスト・トラックは4曲目「Bantaged By Dream」だろうかな。ベースの音色も良いが、途中で吹き出すバス・クラリネットがまた良い味を出している。1枚でお腹いっぱいになるが、もう1枚……という思いもある。もう永遠に叶わない。合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/14

Windows7のサンプルミュージック「Sleep Away」のBob Acriって

Windowsのサンプルミュージックってどういう経緯で決まるのだろうかといつも気になるのだけど、その辺をまとめたソースって意外とないんだよね。

Windows7には以下の3曲がサンプルミュージックとしてmp3で格納されている。

「Kalimba」 from 『Ninja Tuna』 Mr.Scruff 5:47
「Maid with the Flaxen Hair」 from 『Fine Music, Vol. 1』 Richard Stoltzman 2:49
「Sleep Away」 from 『Bob Acri』 Bob Acri 3:20

1曲目のファンク・ジャズはMr.Scruffというイギリス人DJによる楽曲。ジャズの人ってわけじゃないんだーと驚いた。決して有名なミュージシャンではないようだが、アルバムは日本盤も出ている。

2曲目のクラシック(ジャケだと「Maid With Flaxen Hair」)は邦題「亜麻色の髪の乙女」だが、島谷ひとみは一切関係なくClaude Debussyの作品。アメリカ人クラリネット奏者のRichard StoltzmanがSlovak Radio Symphony Orchestraと一緒に演奏している。この人はグラミー賞も受賞するような知る人ぞ知る有名人。アルバムはNavona Recordsというところから出ているようなんだが、アマゾンでは取り扱いナシ。スコアまでバッチリ載っている超詳細な紹介ページまで見つけたのに、アルバム自体はアマゾンに限らずどこでどう入手したらいいのかまったくわからん。
※追記:2011年に入り『Fine Music, Vol. 1』のダウンロード販売をアマゾンが開始した。正体はコンピ盤。リチャード・ストルツマンの演奏は2曲を収録している。

Bob Acriそして3曲目がジャズ・ピアニストのBob Acriによる演奏で、アルバム『Bob Acri (正確には、Bob Acri wth Diane Delin, George Mraz, Lew Soloff, Ed Thigpen, Frank Wess)』に収録されている。ふんわりしたタッチのバラードになっており、なかなかの名曲名演。これはCDで手元に置きたいなんつって探してみても最早廃盤で1万円前後まで高騰。ぶっちゃけマイナーな方だったようで。ちょっとはマシな価格になっている別の編集盤『Timeless (正確には、Timeless the Music of Bob Acri)』にも同曲は収録されているのだけど演奏が違うんだなぁ。見つかるCDといったらこの2枚ぐらい。ということで、ヤキモキしていた人がたくさんいると思うのだが、この度、アマゾンがmp3販売をスタートして、なななんと、この『Bob Acri』が1500円で購入できるようになったのだよ! めでたい! 入手困難盤が安く手に入るようになるのは本当にありがたいことだよな。ビバ、ロングテール商品!

ということで、まだ聴いていないんだが情報だけ先に出してみた次第なんだぜ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010/04/02

映画『果てしなき渇き』なんてあり得ないだろ

常識的に考えて。

ということで四月馬鹿なわけなんだけど、原作の存在以外、全部ウソやで。北龍平、西弓絵、ジョン・ゾーだからな。
でも『果てしなき渇き』は久しぶりに繰り返し読みまくっている作品なので、どこかで紹介したかったのだ。オイラは埼玉生まれの埼玉育ちなもので、地元のよく知った場所が舞台になっているというだけで入口的にかなり得していたと思うのだけど、埼玉って小説に出てくるような無法地帯な雰囲気はあんまり無いよねって。それでもなお、自分の信じている世界が崩壊したり、自分の目を向けて来なかった世界の存在を目の当たりにされたりする本作の暗闇は、そこかしらから嗅ぎ取れるような気もしないでもない。ということで舞台になった場所の写真サイトとかつくってみようかとも思ったほどで。

あ、時間がなくなってきたので、ジョン・ゾーソwの話も含めて、後でまた書くよ。

そうそう、画像は「さっぽろ地下鉄のなかでマルクスを呼吸する、世界を呼吸する」さんから勝手に拝借させていただきました。不快にさせてしまったら、ごめんなさい。埼玉じゃなくて北海道かよ!?みたいな。雨のコンビニの画像を検索しまくって一番よく撮れていたもので。本当は自分で深作まで行って撮影したかったんだけど、企画を思いついてから雨が降らなかったんだよぅ……。

付録:2010年エイプリルフールまとめITmedia

四月なんて大嫌いだ
おまけだが、さくらインターネットの四月馬鹿ネタだった「とあるヴァージョン・サイト」にあった「とあるジェネレーター」(たぶんコレあたりの流用)でつくったロゴ。
『果てしなき渇き』の世界にオマージュ!ということでな。


つづきはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/01

映画『果てしなき渇き』のサントラをジョン・ゾーソが担当!

映画化不可能だと思われていた深町秋生が描く、読後感が実にダークな、ノワール小説の傑作『果てしなき渇き』が映画化されることになったらしい。
それだけでも凄いことなんだが、さらに何とサウンドトラックをあのジョン・ゾーソが手がけることになったんだとさ!

果てしなき渇き

血まみれ映画にジョン・ゾーソとはあまりに短絡的な気がしないでもないが、これは期待していいんじゃなかろうか。まだキャストが発表になっていないようなのだが、あんな狂ったキャラクターを演じられる役者が日本にどれだけいるだろう。いまオイラの最大の関心は加奈子を誰がやるのかだ。個人的には須藤茉麻にやらせてみたいんだがなぁ。

あ、詳しい情報はコチラを参照してほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/10

「矢野顕子さとがえるコンサート2009 - クレアこうのす」を観てきた

2001年の6月31日にジューンブライドということでめでたく結婚をしまして。実は9年目に突入しているわけなんだな。で、だよ。結婚するとまぁ双方の持っていたCDが一堂に集まるわけだ。奥さんは趣味でサックスを吹くような人なのでジャズ盤をけっこう持っていた。オイラもジャズは聴くわけだが、不思議とかぶる作品がなかった。唯一、かぶったというかダブったCDのアーティストが矢野顕子サンだった。

でもオイラはそんなに真面目なファンじゃなくって、今回のライブもひょんなことから観に行くこととなった。Marc Ribotと一緒に演るようになってからの彼女にはかなり興味があったものの、今秋出たCDも聴いていなかった。分割払いといえばThe Lounge Lizardsをはじめ胡散臭くて格好イイ、あの頃のNYジャズ・シーンにいたギタリスト。Fred Frithなんかとも共演している。もうたいへんわくわくしながら鴻巣の会場に向かった。

矢野顕子さとがえるコンサート2009

で、だよ。客少なッ。オイラはR列ということで前から18列目だったんだが、右を向いても左を向いても誰も居ない。この列、オイラとだいぶ離れたとこにひとりだけという状況じゃないのさ。で、前にはまばらな観客。なんという埼玉。最初は空いているんなら前の席に入れてくれ~い!なんて思っていたのだけど、結果的には両サイドに誰も居ない贅沢を堪能できて大満足であった。こんなの初めて。気兼ねなくノリ放題だし、エア・ギターも好きなだけ弾き放題だったからね。もう最高。
今日は初日ということなので内容については軽くしか触れないけど、新曲は5曲だそうだ。鴻巣でその数はどうなんだ? もっと有名曲やらないと盛り上がらんぞ? と思っていたのだけど、意外とライブ全体を通じて盛り上がっていたようだったね。新曲のひとつ「学べよ(仮題)」は、変拍子で攻めまくる圧縮ジャズ・プログレだったぜ。いやースゴイわ。ピアノ、ギター、ベース、ドラムという編成のバンド演奏をベースに、途中で弾き語りやリボ払い君とのデュオとかを挟む感じ。「ラーメンたべたい」が物凄い鮮烈なジャズ・アレンジになっていたんだが、君はどんなラーメンを食べたいんだい?と思ったり。何だか聴いていて泣きそうになってしまった「Home Sweet Home」の弾き語りとか、ゴージャス・ムード歌謡みたいのとか、Led Zeppelinカバーとか、いやーいろいろ楽しかった。マーク・リボ君のことはアッコちゃん「兄弟みたいな人」と紹介していたけど、確かに矢野顕子がギタリストだったらこんな感じかもと思わせるパッシブでありながら叙情性のある音を出していた。抑えるときは抑えて、主張するときはトコトン激しくみたいな。リズム隊も良い仕事をしていて、バンドらしいまとまりを見せてくれた。最後はポーツマス、ポーツマスってことで。観ればわかる。えーと、だから日曜のNHKホールはぜひ客席を埋めてやってください。もったいないじゃないか!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/03/31

最終日、終着駅にて

Steamin'

ということで、僻地・籠原駅のホームで煙草吹かして帰ろうかと。
また適度に書き出すかもしれないし、くじけるかもしれない。でも仕方がないじゃないか。モチベーション低かったんだから。そろそろモモチベーションあげていくよ。毎年恒例のアレもあるし。
画像はマイルスの『Steamin'』。煙草ジャケといえば……で一等先に思いついたんでな。うち帰って久々に聴くかな。この時期なら『Relaxin'』の方が好きなんだが。
あ、吸殻ジャケならWes Montgomeryの『A Day in the Life』なんてのもあったっけなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/29

Clear FrameのCDが近いうちに出る

らしい。ソースはReR Megacorp

Charles Hayward, Hugh Hopper, Lol Coxhill, Robert Wyatt
『Clear Frame』

ワイアットが加わって4人の連名で出る模様。あれ? ひとり足りない。Orphy Robinsonがハブられた? 単純な表記ミスの可能性もあるが、本当なら個人的に激しく残念なので、ここはひとつ彼の作品を紹介してしまおう。

When Tomorrow Comes

When Tomorrow Comes』 Orphy Robinson + Annavas
Clear Frameに参加してるんじゃ買ってみるかとだいぶ前に購入。1991年にレコーディングされた、オーフィー・ロビンソンがAnnavasというプロジェクト・バンドを率いた初リーダー作とのこと。メンバーにカンタベリー・ミュージシャンらしい人はいないが、プロデューサーがJohn Surman(と自身)。ちなみにレーベルはBlue Noteだぜ。オーフィーは木琴・鉄琴・叩きものの演奏者なので、そんな音がフィーチャーされてはいるが、実にまとまったアンサンブルと、センスのいい楽曲群をかなりガッツリ楽しめる。聴く前は明るい、あるいは派手な音楽を想像していたのだが、出てきたのは思いのほかダークな演奏。そこから湧き上がってくる叩きものとかフルートとかが茜差していく感じがイイ。特にフルートが印象的でね。Rowland Sutherlandという方だそうだが、ロック文脈から云うとちょっぴりIan Andersonっぽさを感じるところがあったよ。10分を超える組曲形式の作品も2曲収録。胸を張ってオススメできるアルバムだ。今ならマーケットプレイス99円で出とる。早いもん勝ち。
この後、彼は3枚のリーダー作を出す傍ら、Courtney PineAndy Sheppardらと活動。Lol Coxhillの『Spectral Soprano』に参加したつながり辺りからClear Frame参加と相成ったのではないかと。BBCのライブではちょっと控えめな感じだったので、スタジオ録音ではもっと前に出たらいいのにと思っていたんだがなァ。

●関連記事:
Clear Frame 「BBC Radio3's Jazz on 3」放送は3月4日だぜ!
カンタベリー! Clear Frame Live Sessionは聴いたかな?
Clear Frame 「BBC Radio3's Jazz on 3」放送中!

あ、Charles HaywardはもちろんあのCharles Haywardってことで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/21

Mike Gibbs 生誕70周年コンサート in BBC

2007年10月6日にバーミンガムはCBSOセンターにて行われたライブ「Mike Gibbs 70th Birthday Concert」がBBC Radio3の名物番組「Jazz on 3」にて放送中(現地時間の10/25まで)。Bill Frisellが加わった16人編成によるビッグ・バンド・ジャズがザックリ楽しめるはずだ。まだ聴いていないんだが。

■SET LIST
Being Human
As a Matter Of Fact
G.W. (Eric Dolphy)
Be That As It May
Knees Up
Au Privave (Charlie Parker)
Fanfare

『Big Music』

Big Music』というMike Gibbs Orchestra名義のアルバムにもBill Frisellは参加していてね。「Pride Aside」という曲では実に彼らしい乾いたギターがホーン・セクションと絡み合うという、心ときめく展開があったりしてたいへん楽しい。1989年の作品。全体に整理整頓された楽曲と、それをグルーヴィーに盛り上げていく演奏陣の奮闘ぶりが面白いなァ。John Scofield、Bob Mintzer、Ian Carrなんかも参加。ベースはこの後にJohn McLaughlin Trioで注目を集めることとなったKai Eckhardtなんだ。すごくアバウトにニュアンスを伝えるなら、80年代以降のMiles Davisの諸作品のような輪郭と疾走感がある。街中を運転しながら聴くと素敵なんじゃないかな。廃盤みたいでちょっと入手しづらいようだけど、中古で見かけることもけっこうあるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/17

爆安CD情報 『Original Album Classics』シリーズ

ナタリーさんの途中ですが、爆安CD情報。

「Original Album Classics」シリーズと銘打った5枚組BOXセットが出るみたいだよ。日本のレコード会社ガッカリ企画なためかあまり情報が出回っていないようなのでリークリーク。ジャズ&フュージョンの名盤が5枚まとめて安価で入手可能!(£13.99。アマゾンだと3572円/現時点)

Original Album Classics』 George Benson
『Bad Benson』『The George Benson』『Cookbook』『Body Talk』『Beyond The Blue Horizon』

Original Album Classics』 Stanley Clarke
『Stanley Clarke』『Journey To Love』『School Days』『Modern Man』『The Clarke/Duke Project』

Original Album Classics』 Miles Davis
『Round About Midnight』『Milestones』『1958 Sessions』『Miles Ahead』『Porgy And Bess』

Original Album Classics』 Duke Ellington
『Ellington Uptown』『Such Sweet Thunder』『Black Brown & Beige』『Anatomy Of A Murder』『First Time! The Count Meets The Duke』

Original Album Classics』 Mahavishnu Orchestra
『Inner Mounting Flame』『Birds Of Fire』『Between Nothingness & Eternity』『Apocalypse』『Visions Of The Emerald Beyond』

Original Album Classics』 John McLaughlin
『Shakti』『A Handful Of Beauty』『Natural Elements』『Electric Guitarist』『Inner Worlds』

Original Album Classics』 Thelonious Monk
『Straight No Chaser』『Underground』『Criss Cross』『Monk’s Dream』『Solo Monk』

Original Album Classics』 Sonny Rollins
『The Bridge』『Our Man In Jazz』『What’s New?』『The Standard Rollins』『Sonny Rollins & Co』

Original Album Classics』 Weather Report
『I Sing The Body Electric』『Sweetnighter』『Mysterious Traveller』『Black Market』『Night Passage』

『Original Album Classics』 Duke Ellington

下に書いてあるアルバム名が収録内容。ソニーBMGによる立派な正規再発だよ。いやー嘘みたいな本当の話だよ。ぶっちゃけ日本だとCD1枚しか買えないような値段で5倍5倍。オイラはダビング・テープ所有の多かったマハビシュヌをこの機会に買おうかと。あとは財布と相談してDuke Ellingtonをどうしようか迷い中。紙ジャケとかにこだわりがなく、持っていないCDを一気に買い揃えたいと考えていた人には滅多ないチャンスではないかと。何だよWeather Reportはこの5枚かよ~とか、マイルスのアレとかアレを入れるべきだったんじゃないか~とか、いろいろツッコミ入れたい人もいるとは思うけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)